金箔が出来るまで

1.金合わせ
金箔づくりは、金に微量の銀・銅を加え、型に流し込み、1300度位に熱し合金します。銀や銅を一緒に溶かすのは、99.99%の金は柔らかすぎて箔作りに適さないためです。また、銀や銅を加える割合によって、金箔に色合いの変化が生まれます。
2.延金
金合金を帯状に延ばし、約6儚僂両片に切ります。厚さは100分の3ミリ。
これを通常「延金(のべきん)」と呼びます。
3.紙仕込(澄打紙ーずみうちがみ)
金沢二俣の西の内和紙を、澄打紙に仕上げます。
澄打ち工程は4段階あるため、各段階ごとに紙を準備します。
4.澄打ち
延金を澄打紙の間に挟み入れ、打ち延ばし、延びた金を1/4にカットして、次の段階に合わせ一枚ずつ移し替え、また打ち延ばしていきます。
この作業を繰り返し「小兵(こっぺ)」→「荒金(あらがね)」→「小重(こじゅう)」→「大重(おおじゅう)」となっていきます。約100分の3ミリだった延金は、約1,000分の1ミリまでの厚さに打ち延ばされ、艶消しをした後、最後は「上澄(うわずみ)」と呼ばれるものになります。
5.仕立て
上澄を20儚僂棒擇蝓△海譴鮖阿沈泙蠅砲靴泙后この後、澄職人が丹誠を込めて作った上澄は、箔職人のもとへと引き継がれます。
6.紙仕込(箔打ち紙ーはくうちがみ)
兵庫県の名塩、石川県の中島紙、二俣紙の下地紙を使い、箔打ち紙に仕上げていきます。上澄を引き入れる箔打ち紙は、金箔製造工程においてとても大切な紙です。
この紙の質の善し悪しで金箔の質が左右する、重要な役割を担っています。そのため、仕上げには職人の長年の経験と勘を必要され、半年程かけて箔職人こだわりの箔打ち紙が仕上がります。

7.引き入れ・打ち前
まず、澄職人から受け取った上澄を、厚みのムラを見て9〜12枚に切り分けます。 この作業を「澄切り」といいます。
小さく切られた上澄を一枚一枚、箔打ち紙に挟む作業が「引き入れ」です。
箔打ち紙は、「小間紙(こまがみ)」と「まま紙」の2種類があります。始めは小間紙に切られた上澄を挟み、その小間紙の束の上下を牛革で挟み、箔打機で打ち上げます。
1分間で約700回上下する箔打機で3分間打ち上げ、打たれて熱くなった紙を冷ましてはまた打つという作業を繰り返します。小間打ちで半ば打ち延ばした箔は「小間(こま)」といわれ、さらにまま紙に移され、紙いっぱいまで打ち上げます。
こうして、はじめは100分の3ミリだった延金が、ついに10,000分の1ミリという薄さになります。


※3回箔を打ったまま紙は、柿しぶとわら灰(稲わらを燃やした成分)を主成分とした液体に浸け、空たたきを行い、再度紙仕込が行われます。この作業を「アク」といいます。「アク」は10回程度行われ、まま紙は30回程度の箔打ちでその寿命を終えます。この紙は「ふるや」、「ふるや紙」と呼ばれています。
潰れる程細かく繊維が壊れているため、吸脂力が非常に高く、最高級のあぶらとり紙として古くから舞妓さんたちに愛されています。

あぶらとり紙 ふるや

8.渡し・抜き仕事
打ち上がった箔は、品質の選別をしながら、箔打ち紙から100枚で1冊からなる広物帳(ひろものちょう)に移し替えます。10,000分の1ミリとなった金箔は薄く、息や静電気でも破れるほど、とても繊細な代物です。そのため移し替えの作業には、静電気が起こりにくい竹箸と天狗爪を使用します。
9.箔移し
最後の工程は、広物帳の箔を所定の寸法に切り揃え、切り紙(岡山県の津山紙)の上に移し、完了となります。